HOME > インプラント

インプラント

抜けた歯、グラグラする歯を放置しておくと・・・

インプラント 抜けた歯やグラつく歯を放置していませんか?
前歯が抜けた時には見た目の影響も大きいので治療をされる方が多いのですが、奥歯が抜けた時にはすぐに治療をされない方がいらっしゃいます。

しかし、歯はお互いに支えあっているため、抜けた箇所の隣にはえている歯が倒れてくることがあります。また、グラグラしてしっかりと噛めない歯を放置しておくと、口周りの筋肉はもちろんのこと、脳や臓器にも悪い影響が出てきます。

歯が抜けたときやグラグラするときは、できるだけ早く治療にいらして頂ければと思います。

抜けた歯の治療方法

歯が抜けた時、もしくは治療で抜いた時の治療方法は三つあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、事前にしっかりと説明をさせて頂いた上で、患者様がご希望・納得される方法で治療させて頂きます。
 インプラント入れ歯ブリッジ
方法骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着します。歯ぐきの上に人工歯を装着します。抜けた箇所の左右にある歯を支えにして、人工歯を装着します。
メリット歯根が固定されているため、硬いものもしっかりと噛むことができます。比較的簡単な治療で済みます。入れ歯よりはしっかりと噛むことができます。
デメリット手術が必要です。(歯を抜くのと同程度の手術です)

他の方法と比べると、費用が高額になります。
噛んだり話したりするときに違和感があります。

特に、固いものを噛むのは難しいとされています。
発音しにくい場合があります。

支えにする歯を削る必要があります。
手入れご自宅では通常通りの歯みがきで大丈夫です。

ただし、数ヶ月に一度の検診・メンテナンスには必ずいらしてください。
毎日取り外して洗浄します。取り付けた歯の周囲は特にしっかりと磨く必要があります。(歯の下部は浮いていますので、そこも歯間ブラシなどで磨きます)
保険適用保険適用外。保険適用のものと、適用外のものがあります。保険適用のものと、適用外のものがあります。
治療方法の選択はとても大事なことですので、何か不明な点や不安なことがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

いずれの方法を選択された場合でも、当院では、歯科医の高い処置技術と、専任技工士による精密な造形技術によって、最高の結果をもたらすようにしております。